本来の意味や新しい使い方とは?根付の歴史も含めて基本情報を分かりやすくご紹介

このサイトでは、江戸時代に誕生した根付についてわかりやすく紹介をしていきます。
このアイテムの歴史のなかには、本来の使われ方とは大きく異なった変化を遂げたものもあります。
もともとは武士が携えていたものでしたが、時代が流れるとともに大きくスタイルを変化させていきました。
現在でも和装スタイルを好まれる方の間で利用をされており、呉服店だけでなく、催し会場などでも購入できるものです。
一度手に取ってみるのもいいでしょう。

本来の意味や新しい使い方とは?根付の歴史も含めて基本情報を分かりやすくご紹介

根付の本来の意味は、刀の先端に取り付けるものというものでした。
歴史を発祥は戦国時代末期となっており、江戸時代になると腰に差している刀のワンポイントになりました。
その後は町人の間でも使用をされるようになり、単に帯に挟んでアクセサリーにされる方にほか、財布などに付けて帯からとりやすいようにされる方もいました。
根付は長い歴史のなかで、いろんなスタイルに様変わりをしたアイテムで、現在も色んな使い方ができます。

根付とはなにか?言葉の意味について説明

根付は、着物が日常的な衣服であった時代に作られた小物で、江戸初期は実用品に用いられていました。
巾着やたばこ入れ、薬を入れる印籠などは、着物の帯から提げて持ち運びましたが、それらが落ちてしまわないように紐で留め具に結び付ける必要がありました。
その留め具が根付で、言葉の意味は根元の「根」と結び付けるの「付」が合わさったものです。
現代風に表現すればストラップのようなもので、時代が進むに連れてシンプルなものから装飾的なものになっていきました。
形状の特徴としては、留め具として提げ物と繋げる役割があるため、紐を通すための穴が存在しています。
3センチから4センチ程度が一般的ですが、さらに小さいものもあり、サイズは比較的自由です。
素材は初期こそ木工品を作った際に出たあまりで製作されていましたが、様々な材料で作られるようになっています。
根付は日本で生まれましたが、美術価値が高く外国でも人気で国外問わず多くの収集家が存在します。

ポケットがない和装の時代に小物を持ち歩く目的で使用されたのが根付

夏の定番ともいえる浴衣。
浴衣をはじめとした和装には、コーディネートを楽しむための、たくさんの装飾品があります。
一番有名なものは帯の上から結ぶ帯締めや、それらと組み合わせる帯留めでしょうか。
少し形が変わりますが、帯締めや帯留めのように帯回りを飾るアイテムの一つが根付です。
現代で言えばストラップも根付として売られているのですが、元々は根付棒というものに括り付け、その棒を帯に引っ掛けて小さな飾りがプラプラするというお洒落を楽しむものでした。
また、小さな小物入れを棒に括り付けることでポケットという構造のない着物でも小物を持ち歩けるというメリットもありました。
小物入れだけではなく、キセルを吸う人はキセル入れを、薬が必要な人は薬入れをそれぞれ根付という形で身につけていたのです。
ファッションの一部として取り入れられていたこともあり、それらの小道具も大変お洒落なデザインのものが多いです。
現代でいう、服装に合わせたバッグのコーディネート、といった感じでしょうか。

現代の根付は飾り?古くは日常の道具として愛され続けていた

現代の根付は、ストラップの紐の先に取り付けられている単なる飾りのように思っている人も多く、また実際にもほぼ実用的な意味はなく装飾的な存在となっていますが、実は古くは日常の道具として活用されていたことを知っているでしょうか。
古いとは言っても10年や20年前といったレベルではなく、本質を言えば江戸時代、少なく見ても戦前にまでは遡らないといけないでしょう。
根付は紐を通して他の小物、例えば煙草入れとか印籠のような品物と結び付け、紐の部分を着物の帯に通すことでその小物を腰にぶら下げて持ち運ぶ用途があったのです。
現代の根付は小指の先ほどの小型サイズが多いかもしれませんが当時の実用品はもう少し大きく、そのため帯の上に出しておけばすり抜けてしまうようなことがなく、物を落とさずに持ち運ぶことができました。
着物にはポケットがありませんので小物の持ち運びに重要な役目を果たしたわけですが、洋服の普及に従ってその役目を終えることになったのです。

江戸時代に制作されたと考えられる絵画に根付が描かれている

今では若い方だけでなく、年配の方でもファッションとしていろんなアクセサリーを身に付けながら出歩かれるものです。
この様式は現代だけでなく、古くは江戸時代でも町人の間でなされてきたものです。
当時は着物姿が当たり前となり、今のような金属製や宝石を用いたネックレスなどはありません。
その時代は根付と呼ばれる小さな小物で、今でいうストラップやキーホルダーのようなものです。
そこでここでは、簡単に江戸時代の根付の概要を見ていくことにしましょう。
まずこの時代を象徴するものとしては、絵画が根付に描かれているケースが多いのがポイントです。
動物や植物、さらには浮世絵の人物などであり、顔料を用いて色鮮やかなスタイルで目にすることができます。
もっとも多いものでは富士山であり、有名な葛飾北斎も数点ばかりの根付を制作されているほどです。
これらは希少価値が非常に高く、なかには国宝というスタイルで美術館に収蔵をされているものもあります。

根付に関する情報サイト
根付の情報サイト

このサイトでは、江戸時代に誕生した根付についてわかりやすく紹介をしていきます。
このアイテムの歴史のなかには、本来の使われ方とは大きく異なった変化を遂げたものもあります。
もともとは武士が携えていたものでしたが、時代が流れるとともに大きくスタイルを変化させていきました。
現在でも和装スタイルを好まれる方の間で利用をされており、呉服店だけでなく、催し会場などでも購入できるものです。
一度手に取ってみるのもいいでしょう。

Search